03/14/2019

子供はみんな芸術家!

例年の3分の1しか降らなかった雪が、早々に溶けてしまった北海道。

みなさんいかがお過ごしでしょうか?沢田です。

春は、出会いと別れの季節。私もいよいよお世話になったこの会社を卒業する日がやってきました。3年か。短いな(笑)

社員二人しかいない時に、0.5人分人手がほしい、と友人づてに紹介され事務のおばちゃんとして入ったのがきっかけで、自分の司会業を優先に働かせていただいていました。

今日は、そんな私の卒業後の世界のお話です。

何度がブログに登場しているように、私は道内のいたるところで、マイクを握り司会としてお仕事をさせていただいています。その関係で、このたび子供向けのカルチャースクールの講師を任せていただけることになりました!

「キッズアートス...

11/19/2018

早いもので今年もあと2ヶ月ですね。

こんにちは、沢田です。

みんな平成が終わる、と事あるごとにいいますが、私が一番気になるのが、日本人のほとんどが知る「平成のホームズ」と売り出した彼が、平成の間に元に戻れるのかということです。(※戻れなかったときのため、名前と顔は伏せます)

さて本日も雑学へと入りましょうか。

今年はなんと、市街地で初雪がまだ見られないという珍しい年になりました。

平成最後の年に、良くも悪くも珍しいことがたくさん起こりますね。

ところで皆さん。

特に北海道に住む人なら、生まれたときから毎年そばにある雪について

どのくらい知っているでしょう?

ご存知の通し、雪とは空気中の微細なチリに、水分が付着し、それがマイナス気温で凍り結晶化したもののことをさします。

で...

09/20/2018

先日のオフ日に、丸一日外で遊びつくして、筋肉痛を患っている沢田です。

今日はラジオで聞いた「2025年問題」をつづります。

もう周知の方も多いと思いますが、オリンピックから5年後、3人に一人が65歳以上になる「超高齢化社会」の幕開けです。

そこで根底から日本を支えるものとして期待をされているのが、「AI」。2025年には、約7000の仕事がAI化され、人の手を離れるとも言われているそうです。

そうなれば、3500万人以上いる65歳以上の人をはじめ、人口はAIに支えられ、豊かに暮らせる・・・。なんてドラえもんみたいなことはありません。

今ですら問題になっている、「年金はきちんともらえるのか」「働き口の減少はどうするのか」などの問題は、より深刻化するように見えますよ...

08/23/2018

平成最後の夏も終わりに近づいていますね。

今年の北海道の夏はいつもよりも短かった気がします。

そんな中、夏を楽しみたい!と仕事終わりから強行した、

小樽勝内埠頭釣り!!!

サバやイワシなどの回遊魚がきている、とのことで、行ってきました。

23時に小樽に向けて出発し、0時過ぎに到着。

「魚も夜中は寝ているから、釣れないよ」の父の言葉とは裏腹に

入れ食い状態の先客発見!

何が釣れるのか聞いたら、やっぱり、サバとイワシ!

すぐ支度をして釣り始めました。

サビキという釣り方法で、仕掛けをセットし、海に落として数秒でヒット!

小サバゲットでした!

・・・・ですがその後、他客は入れ食いなのに、私だけ当たらず。

結局その一匹と、途中急にヒットしたコイツのみ。

ふぐーーーーー○・3・○

魚も人を選...

07/26/2018

暑い夏、皆様いかがお過ごしでしょう?

久しぶりの登場の沢田です。

ありがたいことに、自身の仕事MCで北海道を飛び回らせていただいております。

そんなイベントが多い夏の風物詩、といえば、花火大会!

北海道にも、全国で競える大型のものもあります。

いくつかご紹介しますね!

=勝毎花火大会=

帯広で行われる北海道屈指の花火大会!

過去には4万発うちあげの記録もある大きな大会です。

現在は光と花火のコラボレーションで、エンターテインメント化をはかるなど、

多くの方を魅了しています。

大会最後に上がる、「錦冠(にしきかむろ)」はこの大会の代名詞ともなっています。

=赤平火祭り=

今年お祭りMCを務めた関係で、生で見ることができました!

音楽と花火のコラボレーションは、まさにエンターテインメ...

04/06/2018

ようやく雪も解けて、春らしいと思いつつも、まだ外の黄砂が気にかかって洗濯物の外干しを渋っている沢田です。

本州ではもう花粉症の時期なんですね。

北海道でもしらかば花粉が猛威を振るう時期がすぐそこまで迫っています。

つい先日、仕事と口実をつけて仙台へ初上陸してきました。

スケジュールの空き時間を利用して、松島海岸へ。お日様も差し、海が綺麗に見えました。

飛行機から見た松島海岸は、「なんだあれ?」というほど箱庭感がありましたが、実際に立ってみると、観光地として有名なのがわかる絶景でした。

牛タン串、、、

ラフランスアイス、、、

かもめ、、、

ああもっかい行きたい。

最近空き時間を利用して、仕事先で観光を愉しむという趣味が増えた私ですが、

今回の旅は、なかなか素敵な時間を満喫でき...

02/20/2018

 30歳も超えて、寒さが痛みに変わってきました。

皆様、この真冬をどうお過ごしでしょうか?沢田です。

 あまり褒められた話しではありませんが、私はこれまでにたくさんのバイトを経験してきました。その中でも若いころから好んで選んでいた仕事が「接客業」でした。

 

お客様をもてなす、その振る舞い、奥深さ、楽しさにはまっていったものです。最近、残念なことに自分の満足いく接客を受ける機会が減りました。それはたんに、自分が年を重ね、愚痴っぽくなった、他人のあらを見つけるようになった、など理由はさまざまあると思います。

 しかし、先日プライベートで飛行機に乗ったときのこと。キャビンアテンダントは接客業でも花形中の花形、と思っていた姿とは裏腹に、その機内の半数のキャビンアテンダ...

01/26/2018

「あと3分後には出発ね!」

よくそんなやりとりをしませんか?

この言葉の向こうには、発言者の何かしらの意図があり、3分後に出発したその後になにかやりたいことを考えているから、「あと3分後には」なのでしょう。

しかし、言葉の向こう側を考慮せず、言葉の表面だけ受け取ると、

「3分に大きな意味はないだろう」「3分たったけど、本当に出発したかったら呼びに来るだろう」と、自分優先になりがちです。

これは単にコミュニケーション不足という、現代の良くない風潮が影響しているとも思いますが、「自分でものを考える力の欠落」ともいえるでしょう。

ものの意味を考えて、その時間までに間に合わせよう、という責任感。

はたまた、間に合わないのであれば、リスケして時間を調整する管理力。

できない、間...

12/27/2017

今年最後のブログになります。

皆様、雪に悩まされている頃ですよね。各箇所、大丈夫でしょうか?

まもなく新年を迎えますが、親類や友人たちと集まった時の小話にしていただけたら幸い~な、話題を綴りますね

1、元旦と元日の違い

よく使われるこの二つの言葉、実はきちんと使い分けできるのをご存知でしょうか?元旦は文字のとおり日の出、1月1日の朝のことを。元日は一年の初めの日を指します。また正月は1月そのものを指すため、1~31日丸一か月を正月と呼ぶそうです。

2、一富士二鷹三・・・四・・・?

初夢の話をした時によく聞くのは、一富士二鷹三茄子、ですね。

その続きはご存知ですか?

・四扇(しおうぎ:広がりが縁起良いとされる)

・五煙草(ごたばこ:酒の席にかかせないとしての縁起もの)

・...

11/08/2017

寒くなってきましたね。そんな最中に予期せず車中泊を強いられた沢田です。

皆さま、家の鍵はしっかり持ってから家を出てくださいね。

まもなく平成も変わる、ということで、昭和世代は3つの時代を、

大正生まれの方は4つの時代をまたにかけたことになりますね。

平成の時代も進み、平成生まれの方が指導者側に立つ機会も増えてきました。

時代が変われば、人も変わり、感じ方も変わり、指導の仕方もかわる。

どちらが良い悪い、の話ではありません。

変わるのは世界の必然で、これからの時代に対し、どう柔軟に対応していくかだと思うのです。

私の祖父の話を例に挙げますが、「若いやつに指導なんてできない」と、仕事の役員を降りようとしません。そうじゃなくて、その「若いやつ」が指導して作っていく世界がどん...

Please reload

Recent Posts

04/11/2019

04/04/2019

03/01/2019

02/08/2019

Please reload

​Category
Please reload

Archive
Please reload

​・HOME

​・業務案内

・パートナー紹介

​・お客様の声

・会社概要

・ブログ

060-0042

北海道札幌市中央区大通西7丁目2−2アセットプランニング大通ビル10階

Nextcreateグループ

TEL:011-522-8570 

© 2015 by NextCreatea co., Ltd. NextCreataグループが作成したホームページです。