言葉の裏側

「あと3分後には出発ね!」

よくそんなやりとりをしませんか?

この言葉の向こうには、発言者の何かしらの意図があり、3分後に出発したその後になにかやりたいことを考えているから、「あと3分後には」なのでしょう。

しかし、言葉の向こう側を考慮せず、言葉の表面だけ受け取ると、

「3分に大きな意味はないだろう」「3分たったけど、本当に出発したかったら呼びに来るだろう」と、自分優先になりがちです。

これは単にコミュニケーション不足という、現代の良くない風潮が影響しているとも思いますが、「自分でものを考える力の欠落」ともいえるでしょう。

ものの意味を考えて、その時間までに間に合わせよう、という責任感。

はたまた、間に合わないのであれば、リスケして時間を調整する管理力。

できない、間に合わないものに対して「すみません」としっかり申し出る勇気。

このやり取りが、プライベートならまだ挽回はできるでしょうが、仕事の場だと挽回が難しいシーンも数多くあるでしょう。

投げられた言葉に対して、「相手は何を思ってこの言葉を伝えてきたんだろう?」としっかり考え、自分で判断する事が大切だと思いました。

皆さんも今一度、自分かどのように発言者の言葉を解釈しているのか、自分を見つめ直してみてはいかがでしょうか。


Recent Posts